スキップしてメインコンテンツへ
期間を延長! 6 月 21 日まで! 最大 40% の節約でキャリア目標を達成しましょう!  詳細はこちら

Linux の日本語ユーザーと開発者に朗報

2022年11月14日お知らせ, 日本語

 


人気の Linux Foundation トレーニング & 認定プログラム「オープンソースの管理と戦略』が日本語で受講できるようになりました!

現在のソフトウェア サプライ チェーンは、その基本的なコンポーネントとその運用の両方で、オープン ソース ソフトウェア (OSS) に大きく依存しています。クラウドやネットワークシステムを含む最新技術の多くは OSSベースであり、組織としてOSSの使用、さらに戦略的な活用に備えることは、技術革新を進める上で避けて通れません。 

このため、組織はオープンソースを適切に使用できるように準備し、ライセンス要件の遵守、継続的デリバリー/インテグレーションの実装方法、オープンソースコミュニティと連携し貢献するプロセスなどについて確認する必要があります。

「オープン ソース管理と戦略のセルフペース トレーニング プログラム」は、オープンソースのベストプラクティスに関する多くのトレーニングモジュールのこれまでに蓄積された知見をベースに、企業でオープンソースを効果的に活用する際に重要なすべての要素に関する最新のコンテンツを追加しています。このプログラムは、エグゼクティブ、マネージャー、ソフトウェア開発者、およびエンジニアが、組織内で効果的なオープン ソース プラクティスを構築するための基本的な概念を理解できるように設計された 7 つのコースで構成されています。 

プログラムに含まれるコースは次のとおりです。

  • オープンソース入門 (LFC202-JP): オープン ソースとオープン スタンダードの基本コンポーネントについて
  • オープンソース ビジネス戦略 (LFC203-JP): さまざまなオープンソース ビジネスモデルと、それぞれの実践的な戦略や方針の策定方法
  • 効果的なオープンソース プログラム管理 (LFC204-JP): 効果的な OSPO の構築方法と、その運営に必要なさまざまな種類の役割と責任
  • オープンソース開発プラクティス (LFC205-JP): 健全なオープン ソース プロジェクトにおける継続的インテグレーションとテストの役割
  • オープンソース コンプライアンス プログラム (LFC206-JP): 効果的なオープン ソース ライセンス コンプライアンスの重要性、オープン ソースを安全かつ効果的に使用するプログラムとプロセスの構築方法。
  • オープンソース プロジェクトとの効果的な連携 (LFC207-JP): アップストリームのオープン ソース プロジェクトと効果的に連携する方法、プロジェクト コミュニティと連携して最大限の利益を得る方法
  • オープンソース プロジェクト (LFC208-JP) の設立: 新しいオープンソース プロジェクトを作成する理由と価値、新しいプロジェクトを立ち上げるために必要な法的プロセス、ビジネス プロセス、および開発プロセスについて

これらのコースはすべて、家庭用電化製品に使用されている集積回路の開発会社である NVIDIA のオープン ソースおよび標準のディレクターである Guy Martin によって開発されました。

Guy は ソフトウェア エンジニアとオープン ソース ストラテジストの両方に関して、25年以上の経験を持っています。 Red Hat、Samsung、Autodesk などの企業向けにオープン ソース プログラムを構築し、Autodesk でオープン ソース オフィスのディレクター時代には、Academy Software Foundation の設立に貢献しました。 Samsung 在職中、彼は Open Connectivity Foundation 創設チームの創設メンバーであり、Linux Foundation の TODO グループが提供するベスト プラクティスやスタディ ガイドなど、OSPO 担当者向けのリソースに貢献しました。 

本トレーニングプログラムはすぐに開始できます。学生は$540で 7 つのコースすべてに 1 年間無制限にアクセスでき、修了時に修了証を受け取れます。詳しく知りたい方は是非こちらから登録してください。

 

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。