OpenJS Node.js Services Developer (JSNSD)

OpenJS Node.jsサービス開発者認定は、Node.jsでRESTfulサーバーとサービスを作成した経験が少なくとも2年あるNode.js開発者向けです。

概要

OpenJS Node.jsサービス開発者認定は、特にセキュリティ慣行に重点を置いたRESTful Node.jsサーバーおよびサービス(またはマイクロサービス)を作成する能力を実証したい人向けに設計されています。

対象領域とコンピテンシー

サーバーとサービス– 70%
セキュリティ– 30%

詳細を表示

JSNSDドメインとコンピテンシーv1.0

  • サーバーとサービス– 70%
    • 一般向けWebサーバーの実装
    • RESTful HTTPサービスの作成
    • 他のHTTPサービスを使用する
    • HTTP動詞とステータスコードの知識
    • ユーザー入力の処理
  • セキュリティ– 30%
    • 悪意のある入力から保護する
    • 攻撃の緩和

試験の詳細

この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要があるオンラインの監督付きのパフォーマンスベースのテストです。 Visual Studio Code、Vim、およびWebstorm(JetBrainsのスポンサー)は、この環境のエディターとして含まれています。

試験には、実地シナリオをシミュレートするタスクが含まれます。 受験者の持ち時間は2時間です。

ポリシーとリソース

受験者用ハンドブックや試験の手引きなどが用意されていますので、ご確認ください。

構成

試験の実施方法

オンライン

試験時間

2時間

認定の有効期間

3年

ソフトウェアのバージョン

NodeJSバージョン12 LTS

含まれているもの

  • 12か月の試験資格
  • 無料の再受験(1回)
  • PDFの認定証とデジタル バッジ

経験レベル

中級

アドバイス

5人以上で受験するなら?
団体見積もりのご案内>