認定 > クラウド&コンテナ > Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA)
認定

Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA)

Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA) 試験は、Kubernetesと広範なクラウド ネイティブ エコシステムに関する基本的な知識とスキルを証明します。

対象者

KCNAは、Kubernetesの基礎的な知識やスキルの理解を実証してさらにプロフェッショナルなレベルへと進みたい方のために設計された、プリプロフェッショナル認定資格です。この認定資格は、クラウド ネイティブ技術について学習している学生や、クラウド ネイティブ技術の使用に関心のある方々に最適です。
read less read more
この認定について

KCNAは、特にKubernetesに焦点を当て、クラウド ネイティブ エコシステム全体の概念的な知識を確認します。 KCNA試験は、クラウド ネイティブ技術を使用し、さらにCKA、CKAD、CKSなどのCNCF認定取得を目指す方を対象にしています。
read less read more
証明されるスキル

KCNAは、Kubernetesと広範なクラウド ネイティブ エコシステムの基本知識があることを証明します。たとえば、基本的なkubectlコマンドを使用してアプリケーションをデプロイする方法、Kubernetesのアーキテクチャ(コンテナ、ポッド、ノード、クラスター)、クラウド ネイティブ ランドスケープやプロジェクトの理解(ストレージ、ネットワーク、GitOps、サービスメッシュ)、クラウド ネイティブ セキュリティの原則の理解などの知識です。
read less read more
対象領域とコンピテンシー
Expand All
Collapse All
Kubernetes基礎46%
Kubernetesリソース
Kubernetesのアーキテクチャ
Kubernetes API
コンテナ
スケジューリング
コンテナ オーケストレーション22%
コンテナ オーケストレーションの基礎
ランタイム
セキュリティ
ネットワーク
サービスメッシュ
ストレージ
クラウド ネイティブ アーキテクチャ16%
自動スケーリング
サーバーレス
コミュニティとガバナンス
役割とペルソナ
オープンスタンダード
クラウド ネイティブの可観測性8%
テレメトリと可観測性
Prometheus
コスト管理
クラウド ネイティブ アプリケーションの配信8%
アプリケーション配信の基礎
GitOps
CI/CD

試験の詳細とリソース
この試験は、オンラインの監督付き多肢選択式試験です。
前提条件
この試験の前提条件はありません。
関連のコースや認定
レビュー
2022年7月
KCNA は、クラウドと DevOps プリンシパルの重要性をより深く理解しようとしている IT プロフェッショナル向けの優れた入門シラバスを提供します。
2022年7月
この試験のテスト問題を学び、練習するのに時間がかかりました。最終的には 2 つの情報源を使用して資料を学習し、試験に合格しようとするのではなく、内容を理解するために自分のペースで学習しました。これは初心者向けの優れた基礎コースですが、K8S とクラウド ネイティブの用語に関する知識が必要です。
2022年4月
初心者向けとはいえ、やりがいのある試験だと感じました。 Kubernetesだけでなく、さまざまな関連テクノロジーもカバーしていないという事実が気に入っています。