認定 > 認定 > IoT&組み込み開発 > RISC-V Foundational Associate(RVFA)
認定

RISC-Vファンダメンタルアソシエイト(RVFA)

RVFA試験は、個人がRISC-Vハードウェアおよびソフトウェアの専門家に必要な基本的なエントリーレベルの知識とスキルを持っていることを示しています。

対象者

(RVFA)認定は、エントリーレベルのRISC-Vの役割に関心があるか、別のアーキテクチャから移行することを目的としています。
この認定は、組み込みエンジニア、RTL設計エンジニア、設計検証エンジニア、ソフトウェア開発者(具体的には、デバイスドライバー、カーネル、ツールチェーン)、ドキュメントエンジニアなどの職務でキャリアを積む人に最適です。
少なく読む 続きを読む
この認定について

RVFA認定の準備を始めようとしている候補者は、Git、高級プログラミング言語(C)、デバッガー(GDB)、およびシステムアーキテクチャーに精通している必要があります。
RVFAの候補者は、プログラミングまたは設計の経験があり、コンピューターサイエンス、ソフトウェアエンジニアリング、コンピューターエンジニアリング、または電気工学のコースワークを完了している可能性があります。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

RVFAは、基本的なアーキテクチャと用語を含む、RISC-V ISA(命令セットアーキテクチャ)に関連するスキルと知識を示します。さらに、RVFAの候補者は、モノのインターネット(IoT)、産業、医療、自動車のアプリケーションを含む組み込みハードウェア設計を理解しています。

RVFA証明書の所有者は、RISC-Vアセンブリ言語でコードを記述、デバッグ、最適化、およびコンパイルする機能と、ツールチェーン(GCC、LLVM)を使用して、RISC-Vの呼び出し規則を理解する機能を実証しています。

少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
RISC-Vの概要10%
RISC-Vの歴史:無料でオープンなISA
RISC-Vインターナショナル
RISC-Vドキュメント
RISC-Vに貢献する
RISC-V命令セットアーキテクチャ35%
RV32IおよびRV64I
命令フォーマットを理解する:分岐、メモリへのアクセス、およびデータ構造へのアクセス
ISAとしてのRISC-Vのモジュール性を理解する:コア承認(M、C、F、D、A)およびその他の拡張
特権モード、システムコール、CSR、例外、および割り込み処理を理解する
メモリモデル、キャッシュ管理、および仮想メモリ管理を理解する
RISC-Vのアセンブリ言語25%
CSRアクセスを含む、RISC-V固有のアセンブリ言語の構文と機能を理解する
RISC-Vアセンブリコードの記述とデバッグ
アセンブリコードのパフォーマンスを評価する
高レベルのコードをアセンブリコードに変換する
RISC-V用の高級言語:Cプログラミング15%
コンパイラ、デバッガ、シミュレータ、パフォーマンスツール、OS、SDKなどのRISC-Vツールを理解する
呼び出し規約(ABI)、スタック、および分解を理解する
インラインアセンブリを理解する
RISC-Vオペレーティングシステムとツール15%
RISC-VASMに基本的なOS機能を組み込むことを含むオペレーティングシステムの基礎
RISC-Vプラットフォームのファームウェアの基本的な使用法と機能を理解する
マイクロコントローラとアプリケーションプロセッサを理解する
汎用OSでのRISC-Vアプリケーションの実行

試験の詳細とリソース
この試験は、オンラインの監督付き多肢選択式試験です。
前提条件
この試験の前提条件はありません。
関連のコースや認定