トレーニング > ブロックチェーン > Hyperledger Besu Essentials: Creating a Private Blockchain Network (LFS176x)
トレーニングコース

Hyperledger Besu Essentials: Creating a Private Blockchain Network (LFS176x)

プライベート ブロックチェーン ネットワークの作成やイーサリアム メインネットへの接続を検討している開発者や DevOps の専門家にとって、イーサリアム クライアントがどのように機能するかについてさらに学ぶことが重要です。個人や組織がビジネス プロセスの一部としてイーサリアムを採用すると、開発者と DevOps の専門家は、このコースで得た知識を使用してブロックチェーン ネットワークを作成し、これらのネットワークに分散型アプリケーションを展開できます。このコースでは、これらのアクティビティを実行するために Hyperledger Besu を構成および使用する方法についての洞察を学習者に提供し、Hyperledger Besu が使用されている場所の例を示します。

対象者

このコースは、Hyperledger Besu の機能について学びたい、ブロックチェーン アーキテクチャの知識を広げたいと考えている、経験豊富な開発者と DevOps の専門家向けに設計されています。また、イーサリアム仮想マシンと互換性のあるブロックチェーンについてさらに学びたいと考えているブロックチェーン アーキテクトにも役立ちます。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Hyperledger Besuのインストール方法、Hyperledger Besu for MainNetの起動方法、Hyperledger Besuのプライベートネットワークの構築方法を学びます。また、プライバシーを備えたプライベート ネットワークを作成し、Tessera を使用してプライベート ネットワークでプライベート トランザクションを送信する方法も学習します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、ブロックチェーンに焦点を当てた開発者運用の役割へのキャリア変更に必要なスキルのサブセットを提供します。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章 Besuのインストール
第2章 Besuを始めて理解する
第3章 クイックスタートによるプライベートネットワークの作成
第4章 プライベートネットワークの作成
第5章 プライバシーを備えたプライベートネットワークの作成とプライベートトランザクションの送信
第6章次は何ですか?
最終試験(検証済み証明書トラックのみ)

前提知識
知識/スキル

  • Java および Docker などのツール、およびオペレーティング システムのコマンド ライン/ターミナルに関する知識。 
  • ソフトウェア開発または DevOps プラクティスのコンテキストで使用されるテキスト/コード エディターに精通していること。

 

システムの前提条件

  • Besuには4GBのRAMが必要です
  • メインネットや Ropsten などのテストネットを含むパブリック イーサリアム ネットワークの場合、Besu には最低 8GB の RAM が必要です。
  • イーサリアム メインネットへの同期には 750 GB のディスク容量が必要です。
  • 前提条件:
    – Java 11+
    – オリオンの場合、libsodium
レビュー
2021年7月
特に実践的な活動が好きでした。