バンドル

Kubernetes とクラウド ネイティブ基礎(LFS250-JP)+ 認定Kubernetesクラウドネイティブアソシエイト(KCNA-JP)試験バンドル

対象者

LFS250コースは、クラウドネイティブテクノロジーとコンテナオーケストレーションの世界に不慣れな既存の意欲的な開発者、管理者、アーキテクト、およびマネージャー向けに設計されています。 KCNAは、kubernetesの基礎知識とスキルの実証された理解を通じて、プロフェッショナルレベルへの昇進に関心のある候補者向けに設計されたプロフェッショナル認定資格です。この認定資格は、クラウドネイティブテクノロジーについて学習している学生や、クラウドネイティブテクノロジーの使用に関心のある候補者に最適です。
read less read more
学習内容

コースでは、クラウドネイティブ技術の概要について解説後、コンテナオーケストレーションについて詳しく学習します。受講者は、Kubernetesのハイレベルなアーキテクチャについて学び、コンテナオーケストレーションの課題、分散環境におけるアプリケーションのデリバリーおよび監視方法について理解を深めます。また、コンテナオーケストレーションがレガシー環境とどのように異なるかなどについても説明します。
read less read more
証明されるスキル

KCNAは、Kubernetesと広範なクラウド ネイティブ エコシステムの基本知識があることを証明します。たとえば、基本的なkubectlコマンドを使用してアプリケーションをデプロイする方法、Kubernetesのアーキテクチャ(コンテナ、ポッド、ノード、クラスター)、クラウド ネイティブ ランドスケープやプロジェクトの理解(ストレージ、ネットワーク、GitOps、サービスメッシュ)、クラウド ネイティブ セキュリティの原則の理解などの知識です。
read less read more
おもなテーマ
第1章 コースのご案内
第2章 クラウド ネイティブ アーキテクチャ
第3章 コンテナ オーケストレーション
第4章 Kubernetes基礎
第5章 Kubernetesの操作
第6章 クラウド ネイティブ アプリケーションのデリバリー
第7章クラウド ネイティブの可観測性

試験の対象範囲とコンピテンシー
Expand All
Collapse All
Kubernetes基礎46%
Kubernetesリソース
Kubernetesのアーキテクチャ
Kubernetes API
コンテナ
スケジューリング
コンテナ オーケストレーション22%
コンテナ オーケストレーションの基礎
ランタイム
セキュリティ
ネットワーク
サービスメッシュ
ストレージ
クラウド ネイティブ アーキテクチャ16%
自動スケーリング
サーバーレス
コミュニティとガバナンス
ペルソナ
オープンスタンダード
クラウド ネイティブの可観測性8%
テレメトリと可観測性
Prometheus
コスト管理
クラウド ネイティブ アプリケーションの配信8%
アプリケーション配信の基礎
GitOps
CI/CD

試験の詳細とリソース
KCNA試験は、オンラインの監督付き多肢選択式試験です。
実習について
無し
前提条件
LFS250-JPを開始する前に、次のことをよく理解しておく必要があります。

KCNA試験の前提条件はありません。

関連のコースや認定