トレーニング > クラウド & コンテナ > Kubernetes Fundamentals(LFS258-JP)+ CKA-JP試験バンドル
コース+認定バンドル

Kubernetes Fundamentals(LFS258-JP)+ CKA-JP試験バンドル

対象者

このコースは、コンテナー化されたアプリケーションインフラストラクチャの管理を希望するユーザーに最適です。これには、既存のIT管理者だけでなく、クラウドのキャリアを始めようとしている管理者も含まれます。
この認定は、Kubernetes管理者、クラウド管理者、およびKubernetesインスタンスを管理するその他のITプロフェッショナルを対象としています。日本語を話す試験監督のもとで試験を受けたい方は、この-JP試験を選択してください。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Googleなどの企業がアプリケーションインフラストラクチャを管理するために使用するコンテナ管理プラットフォームの使用方法について説明します。ネットワーク構成からアップグレード、サービスを介したデプロイメントの利用まで、本番環境レベルのKubernetesクラスタをインストールして構成する方法を学びます。このコースでは、ポッド、デプロイ、レプリカセット、サービスなどの主要な原則も学び、Kubernetesを自分で使い始めることができるように十分な情報を提供します。
CKAは、Kubernetesエコシステムの開発を支援するための継続的な取り組みの一環として、Linux FoundationとCloud Native Computing Foundation(CNCF)によって作成されました。試験はオンラインで監督されたパフォーマンスベースのテストであり、Kubernetesを実行するコマンドラインから複数のタスクを解く必要があります。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

このコースは、Kubernetes認定管理者(CKA)試験の準備として設計されており、認定資格を取得する学生の能力を大幅に向上させます。
certified K8s administrator は、基本的なインストールを実行できるだけでなく、本番環境レベルのKubernetesクラスタを構成および管理する機能を実証しました。また、Kubernetesのネットワーキング、ストレージ、セキュリティ、メンテナンス、ロギングとモニタリング、アプリケーションのライフサイクル、トラブルシューティング、APIオブジェクトプリミティブ、エンドユーザーの基本的なユースケースを確立する機能などの主要な概念を理解します。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章:コースの紹介
第2章Kubernetesの基本
第3章インストールと設定
第4章:Kubernetesアーキテクチャ
第5章:APIとアクセス
第6章OPIオブジェクト
第7章デプロイメントを使用した状態の管理
第8章サービス
第9章ボリュームとデータ
第10章イングレス
第11章スケジューリング
第12章ロギングとトラブルシューティング
第13章カスタムリソース定義
第14章Helm
第15章セキュリティ
第16章高可用性

試験の対象範囲とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
クラスタのアーキテクチャ、インストール、構成25%
ロール ベース アクセス コントロール(RBAC)を管理する
Kubeadmを使用して基本的なクラスタをインストールする
高可用性Kubernetesクラスターを管理する
Kubernetesクラスタをデプロイするためのインフラをプロビジョニングする
Kubeadmを使用してKubernetesクラスタでバージョン アップグレードを実行する
etcdのバックアップと復元を実装する
ワークロードとスケジューリング15%
デプロイメント、およびローリング アップデートとロールバックの実行方法を理解する
ConfigMapとSecretを使用してアプリケーションを構成する
アプリケーションのスケーリング方法を知る
堅牢な自己修復アプリケーション デプロイメントの作成に使われるプリミティブを理解する
リソース リミットがPodスケジューリングにどのように影響するかを理解する
マニフェスト管理と一般的なテンプレートツールの認識
サービスとネットワーキング20%
クラスタ ノードのホスト ネットワーク構成を理解する
Pod間の接続を理解する
ClusterIP、NodePort、LoadBalancerサービス タイプとエンドポイントを理解する
IngressコントローラーとIngressリソースの使用方法を理解する
CoreDNSの構成方法と使用方法を理解する
適切なコンテナ ネットワーク インターフェイス プラグインを選択する
ストレージ10%
ストレージクラス、永続ボリュームを理解する
ボリューム モード、アクセス モード、およびボリュームの再利用ポリシーを理解する
永続ボリューム要求プリミティブを理解する
永続ストレージを使用したアプリケーションの構成方法を知る
トラブルシューティング30%
クラスタとノードのロギングを評価する
アプリケーションの監視方法を理解する
コンテナの標準出力と標準エラー ログを管理する
アプリケーションの障害のトラブルシューティングを行う
クラスタ コンポーネントの障害のトラブルシューティング
ネットワークのトラブルシューティングを行う

試験の詳細とリソース
この試験は、パフォーマンスベースのオンラインテストであり、Kubernetesを実行しているコマンドラインから複数の問題を解決する必要があります。
受験者の持ち時間は2時間です。

この試験の監督官とは日本語でやりとりできます。

に登録する候補者 Certified Kubernetes Administrator (CKA) 試験は、試験シミュレーターに対して (試験登録ごとに) 2 回試行されます。 Killer.sh.  

試験はKubernetesv1.20に基づいています

前提知識
このコースを開始する前に、次のことを理解しておく必要があります。

  • Linuxの概念とコマンドライン–お勧めします Introduction to Linux(無料のedXコース)
  • パッケージマネージャー
  • GitとGitHub
  • お勧めコースは Introduction to Kubernetes(無料のedXコース):Kubernetesをより良く理解するための入門編

実習では、LinuxサーバーまたはLinuxデスクトップ/ラップトップにアクセスする必要があります。パブリッククラウドプロバイダー、またはマシン上のVirtualBoxへのアクセスも必要です。このコースのラボ演習は、GCP環境でテストされています。

GCPやAWSなどのクラウドプロバイダーを使用している場合は、提供されている無料枠またはクレジットを使用してラボの演習を完了することができるはずです。ただし、クラウドプロバイダーによって最初に割り当てられたクレジットを超えると、料金が発生する場合があります。

この試験の前提条件はありません。

関連のコースや認定