トレーニング > オープンソースのベストプラクティス > Software Engineering Basics for Embedded Systems (LFD116)
トレーニングコース

Software Engineering Basics for Embedded Systems (LFD116)

高品質で信頼性が高く、安全でセキュアな組み込みシステムを作成するために必要なスキルとプロセスを学びます。

注: このコースは、ソフトウェア開発のベストプラクティスに関する無料の外部参照資料に見られる基本的なコンテンツや、システム開発&ソフトウェア開発の標準で用いられる用語集や有益なコンテンツについて、ガイド付きでレビューするものです。このコースの目的は、参考資料にある用語と定義を紹介することです。その目的に忠実であるため、可能な限り出典を言い換えずに引用しています。

コースの評価
4.6 / 5つ星
対象者

このコースは、オープンソース開発者、プロダクト マネージャー、セキュリティ プロフェッショナル、セーフティ エンジニア、ディレクター、および複数のライフサイクルにわたってサポートされる組み込みソフトウェア システムを開発したいすべての人を対象としています。学習者は、理想的にはオープン ソース プロジェクトでのソフトウェア開発または製品統合の経験がある程度ある必要がありますが、プロプライエタリ ソフトウェアの開発経験しかない人にも関係のあるコース内容です。
read less read more
学習内容

このコースでは、安全なシステムまたは安全性が重要なシステムを作成したい人のために、高品質のシステムとソフトウェアを設計するための技術と関連スキルを紹介します。まず、ソフトウェア エンジニアリングで使用される基本的な用語について説明します。次に、体系的なリスクを回避するために従うべきプロセスについて説明し、優れたソフトウェア エンジニアリング プラクティスを採用する利点を明確にし、知識を増やすのに役立つリソースを提供します。
read less read more
身につく知識

このコースでは、ソフトウェア開発のエンジニアリング プロセスに伴う期待に対処するために必要なスキルと知識を提供します。また、ソフトウェア エンジニアリングの主題をより厳密に扱う準備もできます。完了すると、エンジニアリング ソフトウェアに関する適切な概念と用語を使用して、既存の実務家と有意義な議論と分析を行う準備が整います。
read less read more
おもなテーマ
1.はじめに
2. ソフトウェア エンジニアリング概要
3. ソフトウェア エンジニアリング ライフサイクル スキル
4. ソフトウェア エンジニアリング横断的スキル
5. 応用とレビュー
6. 最終試験

前提条件
学習者は、理想的にはオープン ソース プロジェクトでのソフトウェア開発または製品統合の経験がある程度ある必要がありますが、このコースは、独自のソフトウェア開発経験しかない人にも関連しています。