トレーニング > DevOpsとサイトの信頼性 > Jenkinsを使用したCI / CD(LFS268)
トレーニングコース

CI/CD with Jenkins X (LFS268)

このコースでは、CI / CDのオープンソースツールであるJenkins Xを紹介します。コースが完了すると、Jenkins Xのビルドブロックと、Jenkins Xを使用してパイプラインをコードワークフローとして作成する方法をしっかり理解できます。

対象者

このコースは、DenOpsエンジニア、SRE、ソフトウェア開発者、およびJenkins Xソリューションを導入してクラウドネイティブCI / CDスキルを習得したいアーキテクトを対象としています。登録する前に、学生はKubernetes、Docker、YAML構文およびプログラミング言語の基本を理解し、Gitおよびソフトウェア開発ライフサイクルの概念を十分に理解している必要があります。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Jenkins Xのアーキテクチャの説明、Jenkins Xのインストールと操作、Jenkins Xでのパイプラインの構築、既存のプロジェクトの作成とJenkins Xへのインポート、さまざまな組み込み環境によるアプリケーションの宣伝、拡張と変更の方法を学びますパイプライン、カスタムビルドパックなどを作成します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースを完了すると、Jenkins Xを使用して、クラウドネイティブアプリケーションを構築、テスト、デプロイできるようになります。 DevOpsエンジニアまたはSREとして、Jenkins X CI / CDパイプラインを作成および管理できるようになります。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コース紹介
第2章Jenkins Xの概要
第3章Jenkins Xのビルディングブロック
第4章Jenkins Xのインストール
第5章Jenkins Xプロジェクトの作成
第6章Jenkins XでのCI / CDフロー
第7章Jenkins Xパイプライン
第8章ビルドパック
第9章次のステップ

前提知識
このコースを受講する前に、次のことを理解しておく必要があります。

  • Kubernetes(Kubernetes POD、名前空間、サービス)
  • Docker – cDockerイメージの再作成とデプロイ
  • YAML構文の基本
  • プログラミング言語(dataタイプ、基本構文、意思決定構造)
  • Git -c省略、マージ、プルリクエストのワークフロー
  • ソフトウェア開発ライフサイクル フェーズ:要件の収集、設計、実装、テスト、展開、保守
実習について
このコースの実習を正常に完了するには、LinuxサーバーまたはLinuxデスクトップ/ラップトップにアクセスする必要があります。パブリッククラウドプロバイダー、またはマシン上のVirtualBoxへのアクセスも必要です。ラボ環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。

GCPやAWSなどのクラウドプロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウドプロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウドプロバイダーの利用規約が変更された場合は、料金が発生する可能性があります。