トレーニング > クラウドとコンテナ > Containers for Developers and Quality Assurance (LFD254)
トレーニングコース

Containers for Developers and Quality Assurance (LFD254)

オープン コンテナ エコシステムを使用してコンテナベースのアプリケーションを構築、パッケージ化、実行する技術を習得し、Kubernetesを使用してそれらのアプリケーションを大規模にデプロイする方法を学びます。

対象者

このコースは、ソフトウェア開発者、品質保証エンジニア、およびコンテナテクノロジーの強固な基盤を構築し、オープンコンテナエコシステム全体を理解しようとしている他のすべての人を対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、オープン コンテナのエコシステムと、コンテナの実行、操作、トラブルシューティングの方法について学習します。また、コンテナ イメージを作成し、Buildah、Podman、Skopeoなどのツールを使用する方法についても学習します。コンテナ ネットワークの基本に精通し、さまざまなストレージの概念を探求します。このコースでは、Docker Composeを使用してマイクロサービス スタックを構築およびデプロイする方法と、本番環境にコンテナをデプロイする方法についても説明します。また、Kubernetesの主要な概念について説明し、Tektonを使用してKubernetesネイティブ パイプラインを作成するプロセスについても説明します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースを完了すると、Docker Compose、Kubernetes、GitOps.などの技術を用いて開発環境・QA環境・本番環境でコンテナベースのワークロードをデプロイするために、アプリケーションをコンテナとしてパッケージ化して提供し、Dockerfilesの記述を習得し、品質保証のためにコンテナ技術を使用できるようになります。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章 オープンコンテナ エコシステムの概要
第3章 コンテナの実行と操作
第4章 コンテナ イメージの構築
第5章 高度な画像の構築と配布
第6章 代替ツール(Buildah、Podman、Skopeo)を使用した開発
第7章 コンテナのネットワークとストレージ
第8章 DockerComposeを使用したマイクロサービス スタックの構築とデプロイ
第9章 ミニプロジェクト 1
第10章 開発を超えて-本番環境のコンテナのデプロイ
第11章 Kubernetes - Pod、Namespace、ReplicaSet
第12章 Kubernetes - サービス、デプロイ、ストレージ
第13章 ミニプロジェクト 2
第14章 Kubernetes ネイティブ CI/CD

前提条件
  • 継続的インテグレーションやリビジョン管理などの開発慣行に精通していること
  • クラウドネイティブ/マイクロサービス アプリケーションの理解
  • GoogleCloudアカウント
  • 任意のOSを搭載したラップトップ/デスクトップ
  • 最小メモリ:8GB
  • CPU:4
  • コアディスク容量:10GB 
  • Dockerデスクトップ(Kubernetesに付属)
  • インターネット接続
実習について
GCPやAWSなどのクラウド プロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウド プロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウド プロバイダーの利用規約が変更された場合は、追加料金が発生する可能性があります。
関連のコースや認定
レビュー
2022年6月
コースは、コンテナーの紹介から、自動デプロイなどのより高度なトピックまで、適切に設計されていました。