Containers for Developers and Quality Assurance (LFD254)

このコースでは、開発者と品質保証エンジニアがDockerを使用してプロセスを自動化し、合理化する方法を示します。

$299 申し込む 見積もりを取得

コースの概要

コンテナは非常に使いやすく、費用対効果が高いため、アプリケーションを展開するための事実上の標準になりつつあります。コンテナは、開発者、品質保証エンジニア、運用エンジニアなど、アプリケーションのライフサイクルに関わるすべての人を支援できます。このコースでは、開発者と品質保証エンジニアがDockerを使用してプロセスを自動化および合理化する方法を説明します。

もっと見る

Dockerの基本を簡単に確認し、サンプルアプリケーションを使用して、Dockerを使用してそのアプリケーションのライフサイクルを確認します。コース全体を通して、ワークステーションで作業している開発者が自信を持って本番環境にアプリケーションをデプロイする方法を学びます。開発者は自分のIDEで作業し、そこからコードをGitHubにコミットします。コードがコミットされると、テストケースがトリガーされ、合格すると、アプリケーションがステージング環境にデプロイされます。また、本番環境にアプリケーションを展開するためにプロセスを拡張する方法も確認します。

おもなテーマ

第1章 コース紹介
第2章Dockerのインストール
第3章開発者と品質保証のためのDocker Essentials
第4章サンプルアプリケーションに精通する
第5章Docker Composeを使用したマルチコンテナーアプリの展開
第6章開発環境のセットアップ
第7章CI / CDおよびJenkinsの概要
第8章JenkinsエージェントとしてのDockerコンテナー
第9章Jenkinsを使用したCI / CD
第10章コンテナオーケストレーションの基本
第11章Docker Swarmを使用したコンテナオーケストレーション
第12章サービス検出、リバースプロキシ、および負荷分散
第13章コンテナを使用したアプリのエンドツーエンドのワークフロー
第14章マイクロサービスの概要

前提知識

  • Linux、Mac、またはWindowsがインストールされているワークステーションへのアクセス
  • コマンドラインに精通している
  • Docker、Git、およびGitHubの実務知識
  • クラウドの基本的な理解
  • DigitalOcean Cloudにアクセスしない場合、LinuxサーバーまたはLinuxデスクトップ/ラップトップへのアクセス
  • Pythonの基本的な知識。

コメント

ラボの演習(実践)は非常に完全で、充実しており、深い」 2019年5月

 

コースの実施方法とエクササイズは良い習慣です」 2019年2月

 

このコースは、Linuxシステムの構築方法に関する新しい視点を得るのに役立ちました。コンテナは今では私にとってもっと意味があります」 2018年12月

構成

実施方法

オンライン セルフペース

含まれているもの

  • 40時間の教材
  • 演習と課題
  • ビデオ コンテンツ
  • オンライン コースへの12か月間のアクセス権
  • デジタルバッジ
  • ディスカッション フォーラム

経験レベル

   中級

コースの評価

   

アドバイス

5人以上でトレーニングを受けるなら?
企業向けの団体割引を受ける>