トレーニング > クラウド & コンテナ >コンテナの基礎(LFS253)
トレーニングコース

Containers Fundamentals (LFS253)

このコースでは、さまざまなコンテナーランタイムでコンテナーとイメージの操作を行う方法、コンテナーでネットワークとストレージ(ボリューム)を管理する方法、Docker、Podman、DockerAPIなどでマルチコンテナーアプリケーションを構築して実行する方法について説明します。

対象者

開発者、品質保証、運用、DevOpsなど、テクノロジー業界の無数の職務でコンテナーについて学ぶことが非常に重要になっています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースは、コンテナ技術の強固な基盤を構築するのに役立ちます。このコースを修了すると、異なるコンテナーランタイムでコンテナーとイメージの操作を行い、コンテナーでネットワークとストレージ(ボリューム)を管理し、DockerやDocker APIなどでマルチコンテナーアプリケーションを構築および実行できるようになります。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、コンテナを使用してアプリケーションをすべての依存関係にバンドルし、ベアメタル、VM、クラウドなど、選択したプラットフォームにデプロイする準備をします。コースの基本を習得すると、 Docker SwarmやKubernetesなどのより高度なトピックを簡単に引き受けることができます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章仮想化の基礎
第3章仮想化メカニズム
第4章コンテナの標準とランタイム
第5章イメージ操作
第6章コンテナ操作
第7章コンテナイメージの構築
第8章コンテナネットワーク
第9章コンテナ保管
第10章ランタイムとコンテナのセキュリティ

前提条件
このコースを最大限に活用するためには、以下の知識や環境が必要です。

  • Linux、Mac、またはWindowsがインストールされているワークステーションへのアクセス
  • コマンドラインに精通している
  • クラウドの基本的な理解
実習について
このコースの実習を正常に完了するには、LinuxサーバーまたはLinuxデスクトップ/ラップトップにアクセスする必要があります。パブリッククラウドプロバイダー、またはマシン上のVirtualBoxへのアクセスも必要です。ラボ環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。

GCPやAWSなどのクラウド プロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウド プロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウド プロバイダーの利用規約が変更された場合は、追加料金が発生する可能性があります。

関連のコースや認定
レビュー
2022年5月
ラボ演習は、コースで説明されているトピックに慣れるための優れた方法でした。
2022年4月
コンテナ化環境は未経験でしたが、コンテナなどに関する知識をたくさん得ることができました。
2022年4月
間違いなく、ラボの演習は私のお気に入りの部分でした。つまり、このコースをゼロから始めた私にとって、すべてのラボの演習がうまく機能し、すべてのコマンドがうまく機能したことは大きな助けとなりました。これにより、学習に慣れるのに役立ちました。処理する。