トレーニング > ブロックチェーン > Hyperledger Fabric Administration(LFS272)
トレーニングコース

Hyperledger Fabric Administration(LFS272)

このコースは、Hyperledger Fabricネットワーク内で日常的に管理、実装、および運用する方法をさらに詳しく知りたいシステム管理者向けに設計されています。

対象者

このコースは、Hyperledger Fabric環境の管理方法について詳しく学びたいという管理および開発のバックグラウンドを持つ人々を対象としています。登録する前に、Linuxコマンドライン、bash、Dockerとコンテナ、NoSQL、CouchDB、ブロックチェーンと分散型台帳の基本的な知識が必要です。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、Hyperledger Fabricネットワークの理解と、チェーンコードの管理と対話、ピアの管理、基本的なCAレベルの機能の操作方法について学びます。完了すると、Hyperledger Fabricのネットワークトポロジ、チェーンコードの操作、IDの管理、アクセス許可、コンポーネントのログを構成する方法と場所などを十分に理解できます。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

取り上げられているトピックは、Certified Hyperledger Fabric Administrator(CHFA)プログラムによってテストされた知識ドメインと直接連携しており、認定資格を取得する学生の能力を大幅に高めます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コース紹介
第2章 ブロックチェーンと分散台帳テクノロジー
第3章 Hyperledger Fabricの概要
第4章 メンバーシップサービス、MSP、およびチャネル
第5章 認証局の詳細
第6章 Hyperledger Fabric トランザクション
第7章 トランザクションのライフサイクル
第8章 ネットワーク作成資産
第9章 チェーンコードのライフサイクルとプライベートデータ
第10章 サービス ディスカバリ
第11章 診断とトラブルシューティング

前提知識
このコースを最大限に活用するには、次のものが必要です。

  • 基本的なLinuxシステム管理コマンドとナビゲーションの知識
  • bashの基礎知識
  • コンテナ化とDockerの強力な知識
  • NoSQLデータベースの知識とCouchDBの一般的な理解
  • JavaScript、TypeScript、およびGoプログラミング言語の読解力
  • YAMLの理解
実習について
このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。

GCPやAWSなどのクラウドプロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウドプロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウドプロバイダーの利用規約が変更された場合は、料金が発生する可能性があります。