トレーニングコース

Kubernetesとクラウドネイティブ基礎(LFS250-JP)

このコースでは、クラウドネイティブ技術の概要と、Kubernetesなどのコンテナ オーケストレーション システムがそれらの実装と保守にどのように役立つかについて説明します。

コース内容は日本語となります。

対象者

このコースは、クラウドネイティブ技術とコンテナオーケストレーションの世界に初めて触れる開発者および開発志望者、管理者、アーキテクト、マネージャーを対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

コースでは、クラウドネイティブ技術の概要について解説後、コンテナオーケストレーションについて詳しく学習します。受講者は、Kubernetesのハイレベルなアーキテクチャについて学び、コンテナオーケストレーションの課題、分散環境におけるアプリケーションのデリバリーおよび監視方法について理解を深めます。また、コンテナオーケストレーションがレガシー環境とどのように異なるかなどについても説明します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースは、Kubernetes and Cloud Native Associate(KCNA)認定試験の準備として設計されており、受講者の資格取得能力を大幅に向上させます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースの紹介
第2章 クラウド ネイティブ アーキテクチャ
第3章 コンテナ オーケストレーション
第4章 Kubernetes基礎
第5章 Kubernetesの操作
第6章 クラウド ネイティブ アプリケーションのデリバリー
第7章クラウド ネイティブの可観測性

このコースの後、KCNA試験で認定を取得してください

このコースと試験をバンドルすると$50割引に

前提条件
このコースを開始する前に、次のことを理解しておく必要があります。

実習について
関連のコースや認定