トレーニング > ウェブアプリケーション > Node.js Application Development (LFW211) + JSNAD試験バンドル
コース+認定バンドル

Node.js Application Development (LFW211) + JSNAD試験バンドル

対象者

JSNAD認定は、Node.jsでの作業に2年以上の経験があるNode.js開発者にとって理想的です。これは、Node.jsコアAPIの知識に重点を置いて、あらゆる種類のアプリケーションを作成するNode.jsの能力を実証したいと考えている人向けに設計されています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、さまざまなNode.js機能を詳細に効果的に活用するためのコアスキルを提供し、あらゆる種類のNode.jsアプリケーションまたはライブラリを構築するための厳密なスキルと知識を身に付けます。トレーニングコンテンツはHTTPおよびWebフレームワーク以外のすべてをカバーするように設計されていますが、提示された重要な基礎は、学生がすべてのタイプのNode.jsアプリケーションとともにWebアプリケーションで作業する準備をします。これには、コマンドラインツール、リアルタイムアプリケーション、ネットワークアプリケーション、デスクトップアプリケーション、ビルドツールなどが含まれます。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

JSNAD認定は、実際の世界タイプの環境でタスクを実行する能力を実証し、雇用主に、その認定者がJavaScriptおよび関連テクノロジーに関する幅広いスキルを持っていることを確信させます。パフォーマンスベースの試験に合格すると、受験者が時間の制約の下で挑戦的な実世界のタスクを実行する能力が実証されます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コース紹介
第2章 設定
第3章 ノード バイナリ
第4章 デバッグと診断
第5章JavaScriptの主要な概念
第6章 パッケージと依存関係
第7章 ノードのモジュール システム
第8章 非同期制御フロー
第9章 ノードのイベント システム
第10章 エラーの処理
第11章 バッファの使用
第12章 ストリームの操作
第13章 ファイル システムとの相互作用
第14章 プロセスとオペレーティング システム
第15章 子プロセスの作成
第16章 ユニットテストの記述

試験の対象範囲とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
バッファとストリーム11%
Node.jsバッファAPI
増分処理
データの変換
ストリームの接続
制御フロー 12 %
非同期操作の管理
制御フローの抽象化
子プロセス8%
子プロセスの生成または実行
子プロセスの構成
診断6%
Node.jsのデバッグ
基本的なパフォーマンス分析
エラー処理8%
一般的なパターン
さまざまなシナリオでのエラーの処理
Node.js CLI4%
Node実行可能コマンドラインフラグ
イベント11%
イベントシステム
イベントエミッターの構築
イベントエミッターの使用
ファイルシステム8%
入出力
Watching
JavaScriptの前提条件7%
言語の基礎
EcmaScript 1以降に導入され、現在も頻繁に使用されているコアの言語機能を対象としています
モジュール システム 7%
CommonJSモジュール システムのみ
プロセス/オペレーティング システム6%
プロセスの制御
システム データの取得
Package.json6%
パッケージ構成
依存関係管理
ユニット テスト6%
アサーションを使用する
同期コードのテスト
非同期コードのテスト

Linux Foundationは、業界の専門家やLinuxカーネルコミュニティと協力して、各認定に該当するコアドメインと重要なスキル、知識、能力を特定しました。その後、特定された能力に基づいてパフォーマンスベースの試験が開発されました。
試験の詳細とリソース
この試験は、リモートデスクトップLinux環境内に複数のソリューションを実装する必要があるオンラインの監督付きのパフォーマンスベースのテストです。 Visual Studio Code、Vim、およびWebstorm(JetBrainsのスポンサー)は、この環境のエディターとして含まれています。

試験には、職場でのシナリオをシミュレートするタスクが含まれ、受験者はタスクを完了するために2時間かかります。

前提知識
この試験の前提条件はありません。
実習について

このコースの実習は、ネイティブハードウェアで動作するか、KVM、VMWare、VirtualBoxファミリなどのハイパーバイザーの下で仮想マシン(VM)を使用して動作するように設計されています。実習環境をセットアップするための詳細な手順は、コースで提供されます。

GCPやAWSなどのクラウドプロバイダーを使用している場合は、提供されている無料の枠やクレジットを使用して実習を完了することができるはずです。ただし、クラウドプロバイダーが最初に割り当てたクレジットを超えた場合、またはクラウドプロバイダーの利用規約が変更された場合は、料金が発生する可能性があります。