トレーニング > オープンソースのベストプラクティス > Secure Software Development: Requirements, Design, and Reuse (LFD104x)
トレーニングコース

Secure Software Development: Requirements, Design, and Reuse (LFD104x)

攻撃に対して強化されたソフトウェアを開発するためのセキュリティの基本を学び、脆弱性が悪用された場合の被害を軽減し、対応をスピードアップする方法を理解します。このコースは、システムセキュリティ要件、安全な設計原則とベストプラクティス、システムのソフトウェアを安全に選択して再利用する方法など、セキュリティの基本の概要を説明することを目的としています。

対象者

このコースは、ソフトウェア開発者、DevOpsプロフェッショナル、ソフトウェアエンジニア、Webアプリケーション開発者、および安全なソフトウェアの開発方法の学習に関心のあるその他の人々を対象としており、限られたリソースでも情報セキュリティを向上させるための実践的な手順に焦点を当てています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、リスク管理の実際の意味など、セキュリティの基本について説明します。システムの要件の一部としてセキュリティを検討する方法と、検討する可能性のある潜在的なセキュリティ要件について説明します。次に、このパートでは、ソフトウェアを安全に設計する方法に焦点を当てます。これには、悪い設計を回避し、良い設計を採用するのに役立つさまざまな安全な設計原則が含まれます。また、ソフトウェアのサプライチェーンを保護する方法、つまり、セキュリティを強化するために再利用されたソフトウェア(オープンソースソフトウェアを含む)をより安全に選択して取得する方法についても検討します。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、ソフトウェア開発者が攻撃を成功させるのがはるかに難しいシステムを作成および保守し、攻撃が成功したときの被害を減らし、潜在的な脆弱性を迅速に修復できるように応答を高速化できます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
ようこそ!
第1章セキュリティの基本
第2章セキュリティ設計の原則
第3章外部ソフトウェアの再利用
最終試験(検証済み証明書トラックのみ)

前提知識
学生はすでにソフトウェアの開発方法をある程度知っていると思います。