認定 > クラウド&コンテナ > 認定Kubernetesクラウドネイティブアソシエイト (KCNA-JP)
認定

認定Kubernetesクラウドネイティブアソシエイト(KCNA-JP)

認定Kubernetesクラウドアソシエイト (KCNA-JP) 試験はKCNAの日本語版試験です。Kubernetesと広範なクラウド ネイティブ エコシステムに関する基本的な知識とスキルを証明します。  これらの試験は英語を話す試験監督によって監督されます。 (注: 試験は引き続き日本語で受験できます)。 

今後のポリシー変更: あらかじめご了承ください。 認定期間ポリシー は、2024 年 4 月 1 日 00:00UTC に変更されます。この日以降に取得された認定は、試験合格を含むプログラム認定要件が満たされた日から 24 か月後に期限切れになります。興味があり、準備ができている人は、ポリシーが変更される前に試験をスケジュールして受験することをお勧めします。参照してください 追加の詳細はこちら.

対象者

KCNAは、Kubernetesの基礎的な知識やスキルの理解を実証してさらにプロフェッショナルなレベルへと進みたい方のために設計された、プリプロフェッショナル認定資格です。この認定資格は、クラウド ネイティブ技術について学習している学生や、クラウド ネイティブ技術の使用に関心のある方々に最適です。
少なく読む 続きを読む
この認定について

KCNAは、特にKubernetesに焦点を当て、クラウド ネイティブ エコシステム全体の概念的な知識を確認します。 KCNA試験は、クラウド ネイティブ技術を使用し、さらにCKA、CKAD、CKSなどのCNCF認定取得を目指す方を対象にしています。
少なく読む 続きを読む
証明されるスキル

KCNAは、Kubernetesと広範なクラウド ネイティブ エコシステムの基本知識があることを証明します。たとえば、基本的なkubectlコマンドを使用してアプリケーションをデプロイする方法、Kubernetesのアーキテクチャ(コンテナ、ポッド、ノード、クラスター)、クラウド ネイティブ ランドスケープやプロジェクトの理解(ストレージ、ネットワーク、GitOps、サービスメッシュ)、クラウド ネイティブ セキュリティの原則の理解などの知識です。
少なく読む 続きを読む
対象領域とコンピテンシー
すべて展開
すべて折りたたむ
Kubernetes基礎46%
Kubernetesリソース
Kubernetesのアーキテクチャ
Kubernetes API
コンテナ
スケジューリング
コンテナ オーケストレーション22%
コンテナ オーケストレーションの基礎
ランタイム
セキュリティ
ネットワーク
サービスメッシュ
ストレージ
クラウド ネイティブ アーキテクチャ16%
自動スケーリング
サーバーレス
コミュニティとガバナンス
役割とペルソナ
オープンスタンダード
クラウド ネイティブの可観測性8%
テレメトリと可観測性
Prometheus
コスト管理
クラウド ネイティブ アプリケーションの配信8%
アプリケーション配信の基礎
GitOps
CI/CD

試験の詳細とリソース
この試験は、オンラインの監督付き多肢選択式試験です。
前提条件
この試験の前提条件はありません。