トレーニング > オープンソースのベストプラクティス > Introduction to Open Source License Compliance Management (LFC193)
トレーニングコース

Introduction to Open Source License Compliance Management (LFC193)

オープンソース コンプライアンス プログラムに必要な基本的な概念やアプローチを学びます。

コースの評価
4.6 / 5つ星
対象者

このコースは、オープンソース ソフトウェアとは何か、著作権がどのように機能するかについての基本をすでに理解しており、組織の正式なコンプライアンス プログラムの構築に向けて次のステップに進む準備ができている開発者、プロジェクト マネージャー、および経営者の意思決定者を対象としています。
少なく読む 続きを読む
学習内容

このコースでは、オープンソース コンプライアンス プログラムをどのように構成するかについての参考例を示します。 OpenChain ISO/IEC 5230:2020 のコンテキストで使用するように設計されていますが、任意のオープンソース コンプライアンス プログラムに使用できます。このコースでは、知的財産の基礎からオープンソース レビューの重要な概念までの知識を提供します。これは実際の経験に基づいており、製品とサービスの展開に直接適用できる結果に焦点を当てています。このコースの結果は、コンプライアンスをビジネスの最適化として使用し、リソースの使用を減らし、効率を高める方法を明確に理解することです。
少なく読む 続きを読む
身につく知識

このコースでは、オープンソース ライセンス コンプライアンス管理の基本を扱うことができます。会社の現在の状況を評価し、プロセスの改善計画を開始することができます。アーキテクチャと戦略を担当するプロジェクト マネージャー、エンジニア、または管理担当者の場合、このコースは特に役立ちます。
少なく読む 続きを読む
おもなテーマ
第1章 コースのご案内
第2章 オープンソース ライセンスの概要
第3章 オープンソース コンプライアンスの概要
第4章 コードの構築と配布の重要な概念
第5章 まとめ
修了試験

前提条件
レビュー
2022年9月
わかりやすく、簡単にフォローできます。
2022年9月
コースは取りやすいです。ソフトウェアの作成方法や、オープン ソース コンポーネントを独自のソフトウェアに統合する方法など、技術的な詳細について説明します。
2022年8月
最良の部分は、コースがプロプライエタリ ソフトウェアとオープン ソース ソフトウェアの主な違いと、オープン ソース コンプライアンスのしくみを説明していることです。
2022年8月
オープンソースの基礎を学ぶのに最適なコースです。
2022年6月
コンテンツは、OSS 準拠の簡素化および関連用語に合わせて調整されました。
2022年6月
ステップバイステップでありながらシンプルな説明が気に入りました。
2022年6月
正確な説明、およびオープン ソース コンプライアンスに関連するすべてのトピックが含まれています。