スキップしてメインコンテンツへ
期間を延長! 5月24日まで:スキルアップのためのコースと認定が最大50%オフ。 詳細はこちら!

コース カタログ

  • リセットする

Inclusive Speaker Orientation (LFC101)

プレゼンテーション、メッセージング、およびその他のコミュニケーションにおける包括性を促進するために、基本的な背景知識と実践的なスキルを学びます。

Inclusive Open Source Community Orientation (LFC102)

オープンソース コミュニティでインクルーシブな文化を創造するための基本的な背景知識と実践的なスキルを学びます。

Inclusive Strategies for Open Source (LFC103)

包括的なオープンソースコミュニティとコードベースを作成するための効果的な戦略を学びます。

Ethics for Open Source Development (LFC104)

オープンソーステクノロジーを開発および使用する際の効率的かつ効果的な意思決定のためのツールとして倫理を運用する方法を学びます。

Antitrust Laws and Open Source Software Project Management and Participation (LFC105)

このコースでは、あらゆる種類のオープン ソース プロジェクト活動に法的責任を負う参加者になる準備を整えます。

Cybersecurity Essentials (LFC108)

あなた、あなたの雇用主、およびあなたのデータを安全に保つために必要な、知っておくべきサイバーセキュリティのトピック、用語、および慣行を確認して強化してください…

オープンソース技術文書の要点 (LFC111)

オープンソースの開発者向けプロジェクトのドキュメント計画の作成と実行を開始します。

開発者向けの効果的なドキュメントの作成 (LFC112)

新しいユーザー向けに包括的なドキュメントを作成し、エンゲージメントを促進しながら、固有の API ドキュメント要件を満たす特定のスキルを活用します。

大規模なリモートワーク (LFC114)

リモートワークをマスター: ワークスペースを構築し、コミュニケーションを改善し、どこからでも成果を上げます。

ハイパフォーマンスワーキンググループ会議の主導(LFC120)

チームワークを促進し、行動を促し、具体的な成果を達成する会議を主導する方法を学びます。

グリーンソフトウェア実践編 (LFC131-JP)

よりグリーンなアプリケーションを構築、維持、実行するために、ソフトウェアの実践者が知っておく必要がある基本的な概念を学びます。

Green Software for Practitioners (LFC131)

よりグリーンなアプリケーションを構築、維持、実行するために、ソフトウェアの実践者が知っておく必要がある基本的な概念を学びます。

Open Source Licensing Basics for Software Developers (LFC191)

コードに著作権とライセンスを追加することが重要である理由とその方法を学びます。

Generating a Software Bill of Materials (LFC192)

ソフトウェア部品表(SBOM)の最小要素を特定し、それらをどのようにコード化できるかを学びます…

Introduction to Open Source License Compliance Management (LFC193)

オープンソース コンプライアンス プログラムに必要な基本的な概念やアプローチを学びます。

Implementing Open Source License Compliance Management (LFC194)

オープンソースのコンプライアンス管理システムを最も効果的に構成および実装する方法を学びます。

A Beginner’s Guide to Open Source Software Development (LFD102)

オープンソース ソフトウェアの開発における重要な概念を学びます。

セキュアソフトウェア開発:要件、設計、再利用 (LFD104-JPx)

攻撃を成功させるのがはるかに難しいシステムを作成して維持し、攻撃が成功したときの被害を減らすことを学びます…

Secure Software Development: Requirements, Design, and Reuse (LFD104x)

攻撃を成功させるのがはるかに難しいシステムを作成して維持し、攻撃が成功したときの被害を減らすことを学びます…

セキュアソフトウェア開発:実装 (LFD105-JPx)

攻撃を成功させるのがはるかに難しいシステムの作成と保守、安全なソフトウェアの実装、次の場合の被害の軽減について学びます…

Secure Software Development: Implementation (LFD105x)

攻撃を成功させるのがはるかに難しいシステムの作成と保守、安全なソフトウェアの実装、次の場合の被害の軽減について学びます…

セキュアソフトウェア開発:検証、専門的トピック (LFD106-JPx)

脅威モデルと暗号化の適用の基本をさらに深く掘り下げます。次のようなシステムの作成と保守を学ぶ…

Secure Software Development: Verification and More Specialized Topics (LFD106x)

脅威モデルと暗号化の適用の基本をさらに深く掘り下げます。次のようなシステムの作成と保守を学ぶ…

Software Engineering Basics for Embedded Systems (LFD116)

高品質で信頼性が高く、安全でセキュアな組み込みシステムを作成するために必要なスキルとプロセスを学びます。

セキュア ソフトウェア開発 (LFD121-JP)

攻撃に対して強化されたソフトウェアを開発するためのセキュリティの基本を学び、被害を減らす方法を理解してください…

Developing Secure Software (LFD121)

攻撃に対して強化されたソフトウェアを開発するためのセキュリティの基本を学び、被害を減らす方法を理解してください…

Open Source Contribution in Finance (LFD137)

金融業界でオープンソース ソフトウェアに貢献するリスクと、安全に貢献するための手順を理解します。

Introduction to GitOps (LFS169)

GitOpsが、gitからの単純なプルリクエストでKubernetes環境へのデプロイにどのように役立つかを学びます。理解する…

Understanding the OWASP® Top 10 Security Threats (SKF100)

セキュリティ リスクを特定して対処し、情報を保護し、オンラインの整合性を確保するための準備を整えます。

FINOS Certified FDC3 Practitioner (FCFP)

FINOS Certified FDC3 Practitioner (FCFP) 試験は、主要な設計上の考慮事項とその理論的根拠に対するユーザーの理解を実証します。

FINOS Financial Services Certified Open Source Developer (FSOSD)

FINOS 認定オープンソース開発者試験は、金融業界で働きながらオープンソース プロジェクトに貢献する開発者を対象に設計されています。

Securing Projects with OpenSSF Scorecard (LFEL1006)

OpenSSF Scorecardをソフトウェア開発のライフサイクルに統合します。

Automating Supply Chain Security: SBOMs and Signatures (LFEL1007)

ソフトウェアの利用と配布のためのセキュリティの取り組みを自動化するという概念を詳しく見てみましょう。

Security Self-Assessments for Open Source Projects (LFEL1005)

プロジェクトのセキュリティを向上させるために必要なプロセスとアプローチを学びます。

Open Source Management & Strategy

新しいオープンソースプロジェクトを最初から、または以前のオープンソースから作成するための効果的なプロセスと戦略を構築する方法を学びましょう…

Linux Foundationのトレーニングと認定に関心をお寄せいただきありがとうございます。私たちは、中国のトレーニングサイトからより良いサービスを提供できると考えています。このサイトにアクセスするには、以下をクリックしてください。

Linux Foundationのカルチャに対するフィードバックは、より適切に、中国のカルチャウェブサイトに反映されることを期待しています。